この先のまち Mac,iPhone,iPad,Pentax k-r,Toyama,Compact City

たのしかった、しゃいんりょこう!(しゃいんりょこう!)

ちょっと前に社員旅行に行ってきました。
大雑把に言って琵琶湖らへんに一泊二日、意外と(失礼)楽しかった。
一眼持って行ったのが自分だけでちょっと驚いた。

ビールを飲みつつ、どぎゃーんと大型バスに揺られて着いたのは長浜。
黒壁で有名だよね。ガラスのまちです。


何度もきた事があるんで、普段は行かないような所に行こうと早速集団から別れる。


シャレオツ風なアングルで、


写真を撮るのです。
ちょいと飲んでるから怖いもんなし。


あれはなんや!すかいつりーか!


長浜タワー!!!!
建物がかっこ良くて惚れ惚れした!


本日のビール指数。クソ暑い日でしたもん。


長浜タワー!!!!!長浜タワー!!!!!


鬼瓦。観光客スイッチがはいるとこういうなんでもないものの写真を撮りたくなる。


堅ボーロってなんだろう。
大河ドラマ「江」の影響が随所に。


まちのなかを水路が走るっていいよね。


風見鶏。強そう。


ガラスには目もくれず、町外れのお宮さんへ。


静かな並木道。ちょっと暑さを忘れる。


風流だなあと。


緑が多いと癒されるね。まったり。


密集してるから見上げてもよい。


そろそろ中心部目指して戻る。置いてかれちゃかなわん。


隙間。


水辺空間の演出なんだろうけど、正直無意味な配置な階段。


長浜はこういう変な部分が多い。ガラスで統一を試みるのも分かる気がする。
わが町も人の事は言えないけれどね。


大河!!!!そういやこの旅行を通じて初めて、「あさい」三姉妹じゃなくて「あざい」と読む事を知った。


まちの空き地をリノベーション(物は言い様)したようなスペース。


このカオスな感じは非常に良い。
火をつけたらばっちり燃えそうなのに焼き鳥屋が入り口とか最高。


このエリアにはでかい万華鏡がある。見上げるとこんな感じ。


歯車をまわせばずずいっと絵柄が変化する。一発芸だけどなかなか面白い。


ふうりんきんぎょ。


そうは言ってもなごやかなスペース。地元な空気だった。


裏通りばかり歩むと色々ある。コーラ瓶も積み上がる。


黒壁ガラス館前のオブジェは涼しげ。


腹減りでコロッケを食す。


ちょっと移動して昼飯。地ビール館。


焼き肉はたいして旨く無かったけどビールは旨かった。
ここでの飲み過ぎをあとで少し後悔する。


マイカップみたいのがぶらさがってた。


食後に知る施設名。


スタンドバイミー!!!


たぶんバスの車窓なんだろうけど撮った記憶が無い。ぼんやりしてた。


傾いてるけど同上。


次の目的地彦根城到着。暑い。


本日のひこにゃん。定食屋の看板みたいだった。


酔っぱらい一同がこんな階段登れるわけねーだろ・・・


このコントラスト。激しい日射であります。


苦行を乗り切って天守へ。脱落者は多分いなかった。


ドライミストも焼け石に水な暑さ。


登っただけあって眺めは良い。


別に珍しくも無いがなんとなく撮ってしまうもの。梁。


狭間。


当たり前ですがクーラーなど無いので、扇風機で耐え忍びます。


急角度な階段。このくらい急だとみんなびびって事故が起きない気がする。


バリアフリーとか関係ない。


いい眺め。屋根の照り返しが凄い。


城下町っぽい。


城下町っぽい?


結構いい加減な管理。これは頂けない。
もっとディテールに凝ってほしい。


蜂の巣金網久しぶりに見た。


白い瓦。


全貌はこんな感じでした。


ひこちゃんタイムにはあたらんかったので、
提灯ひこにゃん。


バスに戻るころにはへろへろ。飲み過ぎには過酷な場所だった。


そこからはほとんど寝てたけど、琵琶湖大橋はなかなか綺麗だった。


橋を間に、狭い方でこんだけ広いんだもん。海だよなあ。


ザ・観光地ホテル到着。


琵琶湖に浮かぶ月が見えたけどもうへろへろでぶれるぶれる。


夜もばっちり飲んで、朝。まあいい天気。


そういえばここはどこだったっけ。


なんとか温泉、、、


おごとだ。


雄琴温泉でした。


なんか、夜の街として有名なところだったらしい。


琵琶湖にさよなら。近江八幡へ向かう。


近江八幡では水郷めぐりなる、船旅体験へ参加。


事前情報を全く仕入れず臨む。船着き場は超簡素。


出航ー。ヨシの群生地帯をまったりとすすむ。


櫓で操船。手漕ぎ船。
船には屋根がかかってるんで涼しいけど、船頭さんは大変そうだった。


前日の彦根城を思い出すとここは天国。


他の船では弁当持ち込んでた。かしこい。


悪く言えば単調な景色だけど、意外とまったり楽しめた。


近江八幡の街なかに戻る。こっちの堀ではスケッチする人多数。
そういや、北陸ではまちなかで絵を描く人見かけないね。


次の予定までほとんど時間が無かったので、
バスガイドさんが何度もアピールしていたバームクーヘンがおいしいという店に行く。


こういうギミックに弱い。ガラスの向こうでバームクーヘンを作り、こっちで取り分けて販売。
この受け渡し作業だけやらせてほしい。


バームクーヘンをなんとなく購入し、
残りわずかな時間を使って日牟禮八幡宮を見学。


さっきの堀にも遊覧船が出てた。
こっちの方が面白そうだったな、、、、、


船が通る前。これはこれで良い。


スケッチする人らも心なしか、船が通ると気合が入るみたい。
絵になるもんな。


八幡掘という運河だそうな。
春は綺麗だろうな。


遊覧船の発着所。かわらミュージアムなるものも見える。


隙間2。なんとなく。


昼飯食べるところへの移動がてらちょっと探検。


運河のまちってだけあって、いたるところに水路あり。
全部琵琶湖に行くわけで、おもしろいな。


かわらミュージアム。の、無料部分。


白壁に黒竹、笹の緑。


唐突な意匠がそこかしこにあった。


突如段ボールマン参上!
地元ケーブルテレビの企画らしい。


そんなこんなで帰路。バスの中でビンゴ大会。


めずらしくそろったもんで、合鴨農法のお米ニ合ゲット。


思い出したようにバームクーヘンを食べつつ、キムタク版「宇宙戦艦ヤマト」を見ながら富山へ。
ひどい映画で突っ込みどころ満載だった。帰路のだらだらには丁度良かった。


そんなわけで、最後のヤマトに持ってかれそうになりつつ、なかなか面白い旅路だった。
富山→長浜→彦根城→雄琴温泉→近江八幡→富山
というちょっと忙しい感じだったので、特に近江八幡にはまたゆっくり行ってみたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA