この先のまち Mac,iPhone,iPad,Pentax k-r,Toyama,Compact City

【速報】改正家庭内飲酒法成立

11年度末俺議会が昨夜遅く開催され、
休前日を除いた平日の飲酒を禁止する改正家庭内飲酒法が出席した全議員(定数1)の賛成により可決されました。

事前の申請若しくは財務・農林水産・経済産業大臣兼妻からの特別な通達があった日を除き、
家庭内外を問わず飲酒を禁止するという画期的な改正です。

家庭内飲酒については以前より摂取量の調整や缶型麦酒購買の自粛等、
関係団体による自主規制が行われ、一定の成果をあげてきました。

しかしながら2011年度からの労働状況の激変、首都移転と国土の拡張、体制刷新等の国内情勢の革命的急変を経て、
なおかつ
・30代男性国民の生活習慣病対策及び冬期備蓄脂肪の放出
・12年度からの小遣い制移行に伴う個人的財政難への懸念
・情報家電、撮影機器の新規契約又は更新交渉
・ゆとり教育からの脱却
等への対策が急務であり、各問題に密接に関係する家庭内飲酒に明示的規制の必要性が多くのメディアで叫ばれていました。
毎日の飲酒こそが社会平和を育むとする民酒党内からも規制に賛同する声が上がるなど規制そのものへの反対は少なく、
また、財務・経済産業大臣兼妻等が高レベルの接種規制に進まないよう自主的に法案を提出した模様です。

日曜日を含むべきという禁酒派の動きもあったものの、保酒派の強行な反対もあり、今回の法案へ盛り込まれることは見送られました。
ただし、土曜日出社等の場合金曜日は休前日とならないのではという法解釈については法案施行後の議論を呼びそうです。

法案の可決を受けて市民からは
「全面禁酒が見送られほっとしている。とはいえ飲酒は文化であり人生である。法が緩和されるよう努力したい。
また、ラーメンなどに対象が広がらないよう注視していきたい。本当飲まなきゃやってらんない。」
との声があがっています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA